満月は川に映り竜巻は回る

「友達」に関して、どう感じる?「おむすび」って、常識的にはどんな感じで思われているのかな?別に真面目に考えたりするわけじゃないんだけどね。
トップページ >
ページの先頭へ

ノリノリで口笛を吹くあなたと壊れた自動販売機

夏は生ビールがめっちゃうまいけれど、ここ最近そんなには飲まなくなった。
大学生のころは、どんな量でも飲めたのに、年をとって翌日にアルコールが残るようになってあまり飲まなくなった。
ビアガーデンにも社会人になった当時は非常にあこがれ、行くのがものすごく楽しみだったけれど、仕事のつきあいでうんざりするほど行って、自分のイメージの中では、現在、印象が悪い。
そうだけれども、取引先との付き合いの関わりで大変久々にビアガーデンに行った。
とっても久しぶりにうまかったけれど、調子にのってすごくアルコールを飲みすぎて、やっぱり、次の日に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

蒸し暑い土曜の早朝は食事を
田舎に住んでいると、インターネットでものが手軽に買えるようになったのが、たいそう便利だ。
その理由は、まともな本屋が市内に一軒しかなく、品ぞろえも悪いから、買いたい雑誌も買えないからだ。
本屋で取り寄せるよりインターネットで買う方が手間がかからない。
だって、本屋に行くだけで原付で30分近くかかるからすごくめんどくさい。
ネットに手慣れたら、なんでもネットで買うようになった。
なんでもオンラインショップで買うようになった。
電化製品は、ネットのほうが確実に安いし、型番商品は確実にネットショップ購入だ。
ただ、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

勢いで歌う君と夕立

私は肉類をそこまで食べられないので、ランチやディナーは自然と魚類が主流になってくる。
なので、この季節の、土用丑の日は、結構行事だ。
関東でウナギを開く場合、背開きという風習が現在も続いている。
どうしてか説明すれば、古くから武士社会だったので、腹開きだと切腹につながってしまい、良くないため。
反対に、大阪の方で開くウナギには、腹開きである事が風習。
説明すると、西の方は商人の所なので腹を割って話しましょうという事につなげているから。
逆説で、自腹を切るという取り方も通じるので、状況によっては良くない時も。
説明すると、西の方は商人の所なので腹を割って話しましょうという事につなげているから。
逆説で、自腹を切るという取り方も通じるので、状況によっては良くない時も。
上のお話は、旅行業で働いていた時に、紹介として、参加者に話していた内容です。
都内よりスタートして、静岡県の浜名湖の鰻を食べるために向かうというコース。

ぽかぽかした金曜の昼に料理を
誕生日に友達から貰った香水があるのだけど、強いフローラル系の香りだ。
合っている瓶で、イメージしてチョイスしてくれた物で、ボトルが小さくて、飾りがついていて可愛らしい。
匂い自体も瓶も大きくいっても華やかとはかけ離れたものだ。
ストアには多くの商品が置いてあったけれど、目立たない場所に置いてあった商品。
サイズは本当に小型。
シンプルで重宝している。
出かける時だけでなく、外へ仕事に出るときもカバンの中に、家での仕事のときも机に必ず置いている。
という事で、バッグの中は、どれもこの匂い。
だいたい身に着けているので、そうじゃないときは「今日あの香りしないね」と気づかれる場合もたまにある。
お店でいろいろ香水を試すことは好きだけど、この匂いは今までで一番気に入っている。

無我夢中で吠える兄さんとよく冷えたビール

えっと思うくらい縫物の為の生地はばかにならない。
わが子が園に行きだすので、色々と手作りの袋が必要とはいえ、なんだか布が少しでも値段がした。
ことのほか、固有のキャラクターものの布なんて、ものすごく価格が高かった。
幼児向けのキャラクターものの裁縫するための布がたいそう高かった。
園から指定されたサイズの袋を西松屋なので買った方が早いし、簡単だが、地方なので、みんな、家でつくったものだし、近所に売っていない。

凍えそうな日曜の昼は窓から
台湾出身のビビアン・スーは、美人で秀才で才能あふれる人だと思う。
すでに30代の終わりなんて、信じられない。
過去に見たテレビ番組で、脳裏に焼き付いているのが、まだ英語を学び始めたばかりのビビアンが英語のみのインタビューに答えていたすがた。
まだ学んでいる所らしかったけど、目を引くくらい熱心だった。
今となっては英語はもちろん日本語だって、すっかりペラペラなんだろうなーとみている。
ビビアン・スーの素敵さは計り知れないくらいなのだ。

控え目に口笛を吹く妹と電子レンジ

かつて、両親は、私の友人関係に対し、大分無理を強いてきた。
平均から外れてはいけない、とか。
凄く生きにくい過去だったと考える。
一日が過ぎると、ほぼ毎日偽りの生活を嬉しそうに母に話す。
これで、安心したような顔を見せてくれる。
周りと変わったことをすると、変わり者。
常にこればかり恐れていた過去の私と両親。
切ない昔だと今は感じる。

具合悪そうに大声を出すあの子と飛行機雲
昨日は、1ヶ月半ぶりに雨になった。
サビキ釣りの約束を甥としていたのだけれど、雷が鳴ってきたので、さすがに危なそうで行けなかった。
あとで外を見たら、雨がやんだので、やっぱり行くということになったのだが、釣りに行くための準備を終えて、行ってみたら雨が降ってきた。
雨が止んだことにより先に来ていた釣り人が、あわてて釣り道具を車にしまっていた。
餌を解かして準備していたがもったいなかった。
次の機会にと話して釣りざおなどを片づけた。
明々後日からは雨じゃないみたいだ。
なので、次こそ行きたい。

凍えそうな火曜の夜に想い出に浸る

多少時間にゆとりがあったので、CDショップに向かった。
追加でipodに入れる音楽を探すため。
ここ最近、持ち歩いて楽しんだ曲が西野カナさん。
いつも聞いているのは洋楽。
ワールドミュージックもかっこいいなーと近頃思う。
と思い、今回レンタルしたのはセルジュ・ゲンズブールとジェーン・バーキンだ。
甘い声とフランス語の発音が良い雰囲気だと思う。

気どりながら口笛を吹く子供と突風
私の息子がマルモダンスを一生懸命踊っている。
教えてもいないのに、2歳だけど一生懸命踊っている。
映像でマルモダンスの音楽が流れると、録画映像を見ると主張して泣く。
保存した映像を流すとエンドレスでずっと休むことなく見続けている。
親だから、映像を見続けるよりも絵本を読んだり、おもちゃなどで遊んだりしているほうが好ましいが、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、いっしょに遊んであげたり、本を読んであげたりしようと思う。
大きくなったら絶対に巣立っていくものだから、今のうちにいっしょに遊んでおくのも私の為だ。

サイト内カテゴリ

サイト内カテゴリ

Copyright (c) 2015 満月は川に映り竜巻は回る All rights reserved.