満月は川に映り竜巻は回る

たとえば、地球のことを知らないエイリアンに「タイフーン」を説明するなら、どうやって説明する?「幸運」の成り立ちとか、いや、まずは地球や日本の説明からするかもしれないね。
トップページ >
ページの先頭へ

気持ち良さそうに大声を出す姉妹と擦り切れたミサンガ

現在のネイルブースは、バイオジェルなど、かなり難しい技術が駆使されているみたいだ。
多少サービスのあるインビテーションをいただいたので来店してみた。
人一倍、カラーやシンプルさに関して、優柔なので、決めるのに時間がかかった。
薬指に特別にアートをしていただいて、凄くテンションが高くなった。

よく晴れた祝日の夕暮れに微笑んで
北方さんの水滸伝の血が通っていて男らしいキャラクターが、原作の水滸伝の108人になぞらえて、主な作中人物が108人でてくるが、敵方、政府側の登場人物も人間くさいのがいて、血が通っていると思える。
人物に実際の人の様な弱さが見えるのもプラスして、夢中になっていたわけだ。
心が弱いなりに自分の目標とか将来の為になるべく腐心しているのが読んでいて夢中になる。
読みふけっていて楽しい。
それでも、魅了される作中人物が不幸な目にあったり、夢がなくなっていくストーリーも心にひびくものがあるからひきつけられる物語だ。

泣きながら熱弁するあなたと公園の噴水

江國香織の文庫本に出る主役は、なんとなくアンニュイだ。
例えば、東京タワーの詩史。
他にも、きらきらひかるの笑子。
あとは、ウエハースの椅子の女性画家など。
江國さんの持っている性質を、極端にして表した形なのだろうか。
心からクレイジーなのが、神様のボートの葉子だ。
もしかしたら迎えに来る可能性もあるあのひとを待ち、色々な街に引っ越しをする。
「あのひと」を絶対に忘れないよう、再び会えると確信して。
挙句には「ママは現実を生きていない」と、愛娘に言われるが、葉子には全く響かない。
ここが、神様のボートの最高にクレイジーなところだ。
私はウエハースの椅子にはなるべく座りたくないけれど、神様のボートには乗れる。
江國香織さんの書く、クレイジーでも美しくてせつない女性たちが大好きだ。

暑い祝日の夜にゆっくりと
笑顔って魅力的だなーと思っているので、なるべく笑顔でいるように心がけている。
なるべく、時と状況と見て。
でも、周りに強引に押し付けてはダメだ。
要は、一括では言えないが、個人的な考えとして。
会社にいる時は真顔で一生懸命に商談を行っていた人が、笑顔になったその瞬間。
すごーく大好き。
笑い皺ができる人がタイプ!という友人。
気持ちも分かるかもしれない。

どんよりした木曜の夕方にひっそりと

人間の大半は水という調査もありますので、水分摂取は人類のベースです。
水の補給を怠ることなく、みなさん活発で楽しい季節を満喫したいものです。
ぎらつく光の中より蝉の鳴き声が聞こえてくるこの頃、普段そんなに出かけないという方も外出したいと思うかもしれません。
すると、女性だと日焼け対策に関してマメな方が多いのではないでしょうか。
暑い時期の肌の手入れは秋に出るという位なので、どうしても気にかけてしまう部分ですね。
そして、誰もが気にかけているのが水分補給につてです。
当然、いつも水分のとりすぎは、あまり良くないものの、暑い時期ばかりは例外の可能性もあります。
なぜならば、多く汗をかいて、気付かないうちに水分が出ていくからです。
外出した時の自分自身の体調も関係するかもしれません。
もしかすると、自分が気づかないうちに軽い脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるかもしれません。
暑さ真っ只中の水分摂取は、次の瞬間の具合に出るといっても言い過ぎにはならないかもしれません。
ちょっとだけ歩く時も、ちっちゃいもので充分なので、水筒があればとっても便利です。
人間の大半は水という調査もありますので、水分摂取は人類のベースです。
水の補給を怠ることなく、みなさん活発で楽しい季節を満喫したいものです。

寒い平日の午前はゆっくりと
学生時代、コンディションが悪い上に、偏食と、眠りの内容が良くなかったので、シミが増した。
改めようと考え、食生活を意識し、美容にいい事をやろうと周りの意見を聞いた。
そしたら勧められたのが、アセロラドリンクだ。
いまだにかなりの頻度で飲んでいる。
れもんよりも肌に必要なビタミンCが豊富に摂取できると言う話だった。
健康的な体と美容はやはり食事からつくられるのかもしれない。

雲が多い祝日の朝に料理を

求められて、知人の所有している山のモウソウダケの切り倒しを力を貸して頑張っていたけれど、しかし、竹が大変多くてきつかった。
山の持ち主が土地の管理を両親から引き受けて、竹がひしめいていて、どこから手を入れていいかわからない状態だったそうだ。
自分は、ちょっと仕事で使うモウソウダケが手に入れたかったので、いただけるとなり、タイミングが良かったが、密集した竹やぶの里山から運び出すのもきつかった。

一生懸命跳ねる妹と僕
仕事で、日光へ向かうことが多かった。
関東地方の北寄りにある日光市は栃木県にあり、内陸県で、高い峰に囲まれている。
そのことから、寒い時期には雪が多く、除雪車やチェーンは必須になる。
秋に差し掛かると、東北自動車道を使って2泊3日の予定で行って、無事に帰り、また2泊3日という状態が多く、サイトなどの情報で日光市が登場すると懐かしいとさえ感じてしまう。
日光を見ずして結構というなかれという面白い表現がある位なので、一度は見た方が良い県だ。
少しだけ紹介させてもらうと、見どころはやはり日光東照宮。
東京の基盤を作った家康の墓があるところで、独特な様子に驚かされる。
他にも、奥日光に位置する日光の湯元温泉
硫黄泉で、乳白色で高温の湯。
この温泉に入ると冷えにも良いのではないかと思う。
日光東照宮が建てられたときには、奥日光湯元温泉を目標にたくさんの湯治客が集まったそうだ。
情景が想像できる歴史のある栃木県の日光。
温泉の紹介も兼ねて、ガイドブックにも多く載っている日光へ、また行ってみたいと思う。

息絶え絶えでダンスする彼女と花粉症

錦糸町のキャバクラの女性を発見すると、大変だろうなーと思う。
というのは、磨き上げたルックス、会話の技術、そのための努力。
お客に完全に勘違いをしてもらわないで、ビジネスだと思わせつつ、常連になってもらう。
そして、もしかしてコイツ、僕に本気なのかな?など思ってもらう。
このバランスのとり方が、どんな仕事よりも絶妙だ。
それは置いといて、私は人気のホステスの月給が非常に知りたい。

怒って熱弁する母さんと気の抜けたコーラ
山梨県甲府市はフルーツ大国と言われるくらい、フルーツの栽培が盛んだ。
日本にはなかなか無い海なし県で、高い山々に囲まれている。
それにより、漁もできなければ米の栽培もあまり盛んではない。
そこで、山梨を統治していた柳沢吉保が、果物の栽培をすすめたのだ。
他県に負けない優れている何かが経済を潤すと考えたのだろう。
甲府盆地の水はけの良さと、山国ならではの寒暖の差は立派な果物を生産する。

サイト内カテゴリ

サイト内カテゴリ

Copyright (c) 2015 満月は川に映り竜巻は回る All rights reserved.